蔵掃除

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

天気がいい。

天気だけいいッッ!!

P1050526.JPG

屋根より高く積まれた駐車場の雪も、すっかり溶けましたよ。

椿の花のつぼみもふっくらしてます。

P1050527.JPG

 

外はとっても暖かいですが、

蔵は日も入ってこないので、ひんやりしてます。

P1050530.JPG

 

仕込みの終わった蔵では、掃除の日々です。

掃除に始まり、掃除に終わる。

とっても大事な仕事です。

P1050529.JPG

P1050531.JPG

P1050532.JPG

静まり返った蔵...。

私は、このレトロな空間がたまらなく好きなのです。

桜前線はどこまで来たのかな?

ゴールデンウィークも、蔵見学できますよ。

是非お立ち寄りくださいネ♪

 

 

2014甑倒しの様子

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

年度の切り替え時期って、何かとゴタゴタしますよねぇ。

ブログ更新したいのに、忙しくて全然できなかったわぁ~。

 

...え?アンタは毎月のことでしょ?

まぁまぁ、細かいこと言いなさんなって!!

 

そんなわけで、先月行われました「甑倒しの宴」の様子を

少しアップしたいと思います。

 

「甑倒し(こしきだおし)」というのは、

一番最後の蒸米作業(ふかし)が終わると、

甑(こしき)と呼ばれる蒸し器を大釜から外しまして

それを横に倒して洗う...ところからきております。

P1050464.JPG

蒸米(ふかし)の無事終了を酒の神様に感謝して、蔵人で宴をするのです。

要するに「甑倒しの宴」は、酒蔵の「打ち上げ」「慰労会」です。

 

今回の「甑倒し」は、市内某所、洋食屋さんでやりましたぁ。

乾杯の音頭は、今季休みなく頑張ってくれた

若手イケメン蔵人のS君にお願いしました。

突然のご指名にドキマギするS君↓

P1050467.JPG

 

乾杯したならば、あとは楽しく飲むだけ!!

P1050469.JPG

P1050468.JPG

今季の仕込みが無事終わって、皆ホッとしています。

お酒もススム、ススム♪

普段なかなか口にすることない、

何やらハイカラな食べ物がたくさん出てきました。

「これは何かな?」なんて言いながら食べました。

P1050470.JPG

P1050473.JPG

P1050475.JPG

 

あのー、皆さんお酒のピッチが早くてですねぇ...。

楽しいのは分かるんですがねぇ...。

P1050471.JPG

ねえ。

お、落ち着いて、ゆっくり飲まない?笑

P1050476.JPG

ぅ落ち着けぇええええええ!!!!

P1050477.JPG

 

・・・・さて、冗談は抜きにして、

持ち込みした日本酒はすべて飲み干しまして、

注文したお酒も飲んだ、飲んだ飲んだ。

もう、蔵人さんたちの飲みっぷりスゴすぎて、

...ちょっと引きましたね。私。笑

 

いやいやいや、嘘です。

本当に、休みなく頑張っていただき、

ありがとうございました、お疲れ様でした!!

最後は「三本締め」でめでたくお開き♪

P1050503.JPG

静かな蔵

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

え?

 

え?

 

え?なに?

聞こえない。笑

 

春ですねー。

すっかり春ですねー。

もう、4月中旬ですもんねぇ。

桜はまだ咲きそうにありませんが、ポカポカ陽気です。

日もスッカリ長くなりましたね。

DSC_1440.JPG

事後報告も甚だしいですが、

3月末で蔵人さんたちは蔵を去りました。

仕込みも終わりました。蔵は静まり返っております。

 

あとは蔵人さんが丹精込めて造ってくれたお酒を、

たくさんの方に飲んでもらうべく、頑張って売ります。

 

現在、西武池袋店さんで福小町の試飲会開催中です♪

お近くの方、是非お立ち寄りくださいませ。ヽ(^o^)丿

 

まもなく甑倒し

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

やっと春っぽい天気になってきました。

日ごとに雪解けが進んでます。

これで、また雪降ってきたら怒りますけどね。

P1050465.JPG

 

いよいよ、仕込みも終盤となり、最後の醪(もろみ)の留仕込みが明後日。

それで今季の蒸米(ふかし)の作業は終わりです。

それを「甑倒し(こしきだおし)と言います。

P1050464.JPG

蒸米(ふかし)をしていた甑(こしき)を大釜から外し、

それを横に倒して洗うことから、そう呼ばれるようになりました。

蒸米(ふかし)の無事終了を酒の神様に感謝して、蔵人で宴をします。

 

 

と言われると、私の出番ですね。えぇ。

明日、「甑倒しの宴」開催するであります!!

ちょっとフライング気味ではありますが...。

年度末なんで皆さん色々忙しいもんでね。

明日しか空いてなかった~。笑

 

明日はめっちゃ飲むであります!!(宣言)

 

 

 

 

 

 

分析の達人。

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

 

お陰様で1月中旬に発売した季節商品、

「福小町 純米吟醸 無圧汲み出し」は

蔵元完売いたしました。御礼申し上げます。

P1050291.JPG

今年は、昨年よりも少し多めに瓶詰めしたので、

3月末くらいまで在庫もつかな~?と思いましたが、

2か月持ちませんでしたね...。

それだけ人気の商品なんですねぇ。

本当にありがたいことです。

飲みそびれた方、無いと言われると欲しくなる方、

お近くの酒屋さんに在庫があれば買えるかもしれませんよ♪

 

さて、日本酒には味の目安となるものとして、

日本酒度・酸度・アミノ酸度・アルコール度数というのがあります。

わが蔵には「試験室」という部屋がありまして、

そこで数値を分析しています。

P1050423.JPG

何やら理科室に置いてあるようなものが...。

恐らく、同業者の方が見たらビックリするかもしれません。

「まだこんなの使ってるの?」って...笑

うちではね、現役バリバリなんですよ!そーなんですよ!!

P1050419.JPG

 

P1050421.JPG

こ、これは・・・年期入ってるなぁ。

この蔵に入ってから、

結構なカルチャーショックに出くわすのですが、

これもベスト10入りですね。

これブリキですよね?普段見ないでしょ、ブリキ...て。

 

分析の達人S子さんに「これなに?」と聞いたら、

ものすごーく丁寧に説明してくれたのですが、

むずかしくて、途中眠くなりました。笑

P1050422.JPG

簡単に言いますとね、お酒をフラスコに入れて、熱しましてアルコールを気化させます。

途中、周囲を水で冷やされたグルグルの管を通って、アルコールが液化します。

そんなこんなでアルコール度数を分析できるというわけです。

ね?...眠くなったでしょ?

 

他にも日本酒度や酸度を調べるものがあります。

わぁああ、理科の実験にしか見えない~♪(^_^;)

P1050420.JPG

日本酒度は、甘い・辛いの味わいの目安として使われています。

日本酒度がプラスであれば辛口。マイナスであれば甘口...といった感じです。

しかしながら、日本酒度と酸度は依存していて、

日本酒度が同じでも酸度が異なると、味わいはかなり違って感じます。

日本酒度が+3であっても、酸度が1.2だと「やや甘口」に感じ、

酸度が2.0だと「辛口」に感じるとゆー。

...要するに、日本酒度や酸度はひとつの目安ですので、

味を決めつけるものではありません。

どんな数値だろうが、人が何と言おうが、

自分が美味いと感じたら、それで良いじゃありませんか♪

 

でもこの「分析」という作業は、

お酒を製品にするうえで、とっても大事なお仕事です。

造りの期間中は、休みなく分析の作業があります。

今季の造りも残りわずか!!達人がんばれー!!

 

 


仕込み、終盤戦!!

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

いやいやいやいや...

どーもどーも。お久しぶりでーす!(軽)

 

3月に入りまして、春っぽい陽気でいいな~と思いきや、

猛吹雪で冬に逆戻りしてみたりと、不安定なお天気が続いてます。

P1050402.JPG

P1050403.JPG

 

でもまだまだ気温は低いです。

蔵も氷点下keepしとりますので、お酒には良い環境です。

但し、蔵見学に来られる際は、厚着をされたほうが良いですよ。

建物の中だから...といって、薄着で来るとドエライ目に遭います。

先日もスーツ姿でお買い物に来たお客様が凍えておりました。

「ささささ、寒いですね」と言いながらお買物をして、

外に出て「外の方があったかいじゃん!!」と驚いておりましたよ。笑

 

さて、仕込みのほうは、神経戦の大吟醸クラスは落ち着いて、

残すところは、大きいタンクで仕込むもののみとなりました。

P1050411.JPG

 

P1050405.JPG

来週末には、最後の米の蒸しを終えます。

それから後片付けをして、

3月末で蔵人さんは蔵を去り、

農家へと戻るのです。

P1050414.JPG

こんな話をすると、「あぁ、もう春なんだな...」と思いますね。

3月は卒業式や送別会などで「お別れ」「旅立ち」の季節ですね。

お世話になった方へのご贈答用などに「福小町」はいかがですか?

相手の方に「福がありますように...」と気持ちを込めて♪

きっと喜ばれると思いますよ♪

P1050426.JPG

 

新酒ぞくぞく

| コメント(0)

酒豪こまちです。


ふふふ、...今「立て続けに更新かよ」って思ったでしょ?

毎月恒例みたくなってきましたね。笑

 

事後報告じゃないですよ、HOTなニュースですよッ!!!

昨年秋ごろから、品薄で大変ご迷惑お掛けしておりました、

IWC2012チャンピオン・サケ受賞酒

「大吟醸 福小町」の!!
新酒がでましたぁ!!
本日から出荷開始です!!

P1050374.JPG


本当にお待たせいたしましたぁあ。

ご入用の際は、お近くの小売店さんへお問合せくださいね。

もちろん蔵元でもご購入できます。

 

......さらに、

「純米吟醸 福小町」!!

2月3日より、

新酒発売しております!!(事後報告)

P1050373.JPG

大変お待たせいたしましたぁあああああ。

こちらも大変人気でございまして、

定番品でありながら、昨年秋ごろ品切れるとゆー...。

やっと出来た、新酒ッッ!! 是非ご賞味くださいませ。

箱付の商品ですので、贈答用にも最適ですよ♪

 

季節限定・数量限定酒もございます♪

飲みくらべてみるのも面白いですよ♪♪

P1050376.JPG

純米しぼりたて生原酒 720ml 1300円 (1.8Lも有)

純米吟醸原酒 無圧汲み出し720ml 1470円

純米にごり酒 500ml 1000円

 

蔵元にはまだ在庫ございますが、

限定品なので、品切れの際はご了承くださいませ♪

ご入用の際はどうかお早目に♪♪ヽ(^o^)丿

 

 


2014犬っこまつりde蔵開放

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

...何気に、2月更新なのね...。

どーしたって、月初はドタバタするんだなァ。

しかも、湯沢市の「犬っこまつり」とあわせて蔵開放もありまして、

毎度のことながら、てんやわんやですよ。笑

今年は、2月8日(土曜日)に蔵開放しました。

たくさんのお客様に来ていただき、とっても賑わいました~。

P1050390.JPG

P1050391.JPG

大吟醸福小町の酒粕で作った粕汁のお振る舞いしましたら、

「美味しい♪美味しい♪」と大好評でしたぁああああ。

酒粕もたくさん売れましたよ。ありがたや。笑

P1050388.JPG

さらに、ノンアコールのえっこお振る舞いや、

色々な酒類のお酒の試飲、燗酒などもやってみました。

どれも好評いただき、私たちも嬉しかったです♪

P1050394.JPG

 

さらにさらに!!!

なんと、この蔵開放の日に「来蔵4万人」を達成ッッ!!

P1050395.JPG

見事4万人目になったお客様に、記念品を贈呈いたしました。

P1050400.JPG

宮城県よりお越しの4名様でしたぁ。

おめでとうございます♪
P1050398.JPG

よくニュースとかで見ますけど、

自分が「祝!●人目!」とかっていきなり言われたら、

相当ビックリしますよね...きっと。笑

 

ものすごい人だったので、至らぬ点もあったかと思いますが、

また色々考えて、来年に生かしたいと思います。

来年は、木村酒造 開蔵400周年ですので♪♪

 

 

雪まつりシーズン

| コメント(0)

酒豪こまちです。

今日もいい天気ッ!

1月も終わりですよ、奥さん。

早い、時の経つのは早いなぁあああ。

 

さて、2月になると、雪まつりシーズンですね。

持て余している雪を使って、祭り・祭り・祭りですよ。

木村酒造がある「秋田県湯沢市」もお祭りありまーす!

P1050331.JPG

 

「ザ・犬っこまつり

 

犬っこまつりは、元和の昔より約400年もの長い間続いたといわれる

湯沢地方の民俗行事だそうです。

...ということは、木村酒造が来年創業400年なので、

同じ頃から始まったお祭りなんですねぇ。フムフム。

 

詳細はこちらをご覧くださいね↓
http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event05.htm

 

犬っこまつりに合わせて、湯沢市内の酒蔵が蔵開放しますよ♪

それぞれイベントがあるみたいですので、

全部まわっても楽しいと思いますよ~~♪♪

我が蔵でも、粕汁や甘えっこを振る舞ったりします。

お酒の試飲ももちろん出来ますし、

犬っこまつり限定酒も販売しますので、是非来てたんせ~♪

 

扉のむこう

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

週末、雨が降ったりして、積もった雪も少し消えましたが

残っている雪が相当重くなっていて、それはそれで大変という...。

 

今季の仕込み始めから、休みなくで働いていた蔵人さん達も

ここに来て疲れが見えてきました...。

全力で仕込みを続けつつ、今年は雪も多いので、

雪下ろしなんかで相当疲れていると思います。

そんなわけで、風邪ひきが数名おります。

皆でフォローしつつ、何とか無事に乗り切りたいと思ってます。

酒豪こまちも、仕込みのお手伝いしたい!!

是非ともさせていただきたい!!

隙あらば、自分を売り込みしていきたいと思います。えぇ。

(...え?仕事しろ?)

 

さて、この間、麹室にお邪魔して、

その先の扉の向こう側を探検してみたのですが...その続きを。

P1050318.JPG

...と言っても別に大した話じゃないんですけどね。笑

 

扉を開けると、すぐ左手に麹屋さんの「仮眠室」があります。

「撮影NG」ですので、写真はありませんが、

広さは六畳くらいかな?ベッドが二つ置いてありました。

麹屋さんは二人いますが、交代で数日泊まり込んで、寝ずの番をするのです。

昔から酒造りは「一麹(いちこうじ)、二酛(にもと)、三造り(さんつくり)」と言って、

麹の出来で、その酒の味が決まると言われるほど、最も重要視されている作業です。

 

先日も、純米大吟醸の留添えがあったのですが、イケメン蔵人S君が、ほとんど櫂入れ(かきまぜる作業)しなかったので、「なんで全然かきまぜねーの?」と聞いたら、「麹屋さんがいい仕事をして最高の「麹」を育ててくれたので、大吟醸クラスに関しては、僕は余計なことしないようにしてます」と言ってました。

P1050304.JPG

「櫂でつぶすな、麹でとかせ」と、

イケメン蔵人が言うとりました。

 

ぉおおおおおお!!!!!

名言デタタタタ━━━(((((゚(゚(゚(((゚∀゚)))゚)゚)゚)))))━━━!!!!!!

 

この言葉を聞いたとき、

私はイケメン蔵人の成長を感じたのであった...。。゚+(σ´д`。)+゚

 

.........さて、相当話がそれましたが...。

そんな感じで「仮眠室」がありまして、

その先は何も使ってないスペースあり、ほぼ物置き。

昔の機械などもあり、歴史を感じさせます。

P1050321.JPG

そこに大きい木樽があったのですが、

この中には砂利や石が詰まっていて、

なんと昔、水を濾過するのに使っていたそうです。

だから、宙に浮いたように高い位置に置いてあるんだァ!!

 

窓の外を見ると、ここは三階にあたるので

屋根に積もった雪が見下ろせました。

P1050317.JPG

 

ウロウロしていると、下の階から蔵人さんが

「そこで何やっでらぁ~、まぁだ取材してらなぁ~」と声が...。

P1050323.JPG

下にも行ける階段があり、そこは洗米場でした。

P1050322.JPG

 

ちょうど、お米を洗っていたので見せてもらいました。

酒造好適米で「吟の精」というお米です。

P1050294.JPG

・・・っていうか、手が...手が冷たそう...((゚Д゚ll))ガタガタ

P1050295.JPG

...と、こんな感じで一回りしてみました。

 

しかし、この蔵にはまだ、我々の知らない未知の領域がある。

「酒豪こまち探検隊」の挑戦はまだまだ続くッッ!!!

 

カテゴリ

最近のコメント

木村酒造