福小町初号酒のために。

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

 

1号仕込みの麹ができました。

麹屋さんには今年もかなり難儀掛けますけど、

より良いお酒造りのため、何とか頑張ってほしいです。

P1060428.JPG

 

甑もフル稼働中♪

クンクン。蒸米のいい香りがしますよ~♪

P1060430.JPG

 

ゆ、湯気を浴びたい。

お肌に良い...気がする...。笑

P1060431.JPG

 

蔵人さんが、大工仕事。

桶の蓋をリメイク中。

P1060432.JPG

大きい桶の蓋を、小さい桶用にするために切ってました。

細いのこぎりを使って、上手に円形に切ってる...。

「大工仕事もするんだね...?」って聞いたら、

「蔵さぁ来て、こんなことするの二回目だ!」って言ってました。笑

 

さてさて、こっちでは、お酒をしぼる機械(圧搾機)の板運び。

P1060433.JPG

この板スゲー重いんです。

ちょっと持ってみたけど、持てなかった。

これを運ぶなんて無理だわ、か弱き乙女には無理だわ。

 

 

機械のはじに詰まっていた蒸米ゲット。

P1060434.JPG

ちょうど腹が減ってたんですよねー。笑

炊いたお米と違って、蒸米はけっこう硬いので、

噛み締めて食べました。これはこれで美味い。

 

麹室にあがった蒸米を、麹屋さんがほぐしてるところです。

P1060447.JPG

物欲しそうに見ていると「やってみるかい?」と。

「やる!やりたい!そのためにちゃんと手も洗ってきたの!!」

↑準備だけはいい。

 

少しやらせて頂きましたよ。(ごめんね、邪魔して)

まずね、この蒸米の塊から、ひと塊切り離しまして、

それを更にほぐすわけなんですけども、

最初の段階で、蒸米に手が刺さらないわけ。笑

まぁ、ここで一つ挫折しまして、蔵人さんにひと塊取ってもらう...と。

それを手のひらで、ググググと押しながらほぐすわけです。

P1060446.JPG

ぜーんぶ、ほぐし終わったら、また山を作ります。

そして、包んで、ちょっとオヤスミ。

P1060448.JPG

 

忙しくなるのは、これから。休む暇なくなります。

酒造りは、体力戦であり、神経戦であります。

身を削る思いって、こーゆう事なんじゃなかろうか...と思います。

お客様の「美味しい!」が、蔵人は何より嬉しく、力になります。

 

酒豪こまちの気合いもちょっぴり入った、

1号仕込みのお酒、楽しみにしててくださいね~♪

 

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

木村酒造