亀の尾の種ふり

| コメント(0)

酒豪こまちです。

 

ちょっとアップするのが遅れましたが、

金曜日に亀の尾の種ふりがありました。

この種ふり作業見に行くタイミングを

最近ことごとく逃してまして、やっと麹室に入れました。

091127_141945.jpg

黙々と亀の尾の蒸米をキレイに並べてます。

091127_142043.jpg

大吟醸秋田杜氏亀の尾仕込みは、

今期分がすでに完売となってしまいましたので、

この新酒が出来るのをお待ちいただいております。

毎年この時期には完売してしまい・・・すいません。

でも蔵にとっては本当にありがたいことです。

091127_142353.jpg

そうこうしてる間に、だいぶ作業は進んでます。

あともう少し!並び終えたら、いよいよ種ふりです。

091127_142928.jpg

この麹菌クンをふるわけですが、

ふってる間は、麹菌たちがアチコチに散乱しないよう

じーーーーーーーっとしてないといけません。

 

暑い、暑いよ。37度ほどあります。

なので、麹屋さんは上半身裸で作業したりするのすが、

私が見に来たため、

サッとシャツを着てしまいました・・・。

別にいいんですよ、脱いでても!

むしろ、そのほうが素敵やん!!ドキドキ

091127_143013.jpg

種ふりが始まると、

布でフタをした麹菌が入ってるビーカーを

ポンポンと振り下ろします。

見る限り、とっても繊細で優しい感じの作業なので

ちゃんと麹菌つくのかなー?と心配してしまうのですが、

その成長はやっぱスゴイです。

091127_142625.jpg

↑これは吟の精という酒米です。

種ふりをし、麹盛して、温度管理されてます。

ちゃんと麹菌が超成長してるー!!おおおお!

091127_143849.jpg

さて、種ふりが終わると、

裏返しにしてまた種ふりです。

私は暑いのでこれにて退散・・・。

 

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

木村酒造